TETSU 赤羽すずらん通りにあるつけ麺のお店 焼き石でスープを熱する

すずらん通りにはほかにもいくつかのラーメン系列のお店がありますが、すずらん通りでも駅に一番近い所に店舗があるつけ麺のお店です。

TETSU

つけめんTETSU

動物系のだしと魚介系のだしの割合が同系列店舗によっても違い、合わせる麺も異なる珍しいタイプのお店です。なのでお店によって違う味を楽しむことができます。 

2005年8月に1店舗目を展開し、2019年現在全国に25店舗展開しています。

並盛(200g)、大盛(300g)、特盛(400g)が同一料金で食べることができます。

店の前で券売機で食券を買ってから店内に入る

f:id:blueshark20:20191012183120j:plain

 

赤羽店

カウンター席は立つと調理場が見えるぐらいになっていて、お湯が飛ぶところには飛び跳ね防止の透明なガラスが設置してあります。

珍しい調味料として揚げ葱特製柚子八味が置いてあります。

カウンター席以外には四人掛けのテーブル席もあります。

f:id:blueshark20:20191012204125j:plain

 

つけ麺大盛 半熟煮玉子入り

つけ麺の特盛を注文しました。

どんぶりいっぱいに敷物など入っていないので底までたっぷり麺が入っていて、思ったより量を感じました。

麺自体は太くなく、なめらかでつけ麺という感じではなく食べやすかった。

f:id:blueshark20:20191012183245j:plain

 

つけダレ

 豚骨と鶏ガラスープに煮干・鰹節・鯖節の旨味を凝縮させた魚だしをあわせたスープを赤羽店は提供。

チャーシューと半熟煮卵は沈んでいました。いろいろ混ざっていてぐちゃぐちゃするはずがうまく混ざっていて、どの味もちょうどよい感じでした。(少し魚介系のだしが強い印象

スープもつけ麺としては濃くなくて、麺がスープに入ったままになって麺が濃くて食べれないということがなかったです。

f:id:blueshark20:20191012183326j:plain

  

焼き石

つけ麺を食べているとスープが冷めてきてしまうが焼き石をレンゲで入れて温めることができます。そのためレンゲが鉄製でできています。

中々他の店舗でやってないことなので試してみるといいと思います。

f:id:blueshark20:20191012183400j:plain

割りダシはカツオだしだそうです。次に予定があってスープまで飲んで帰ることができなかったので次行くときは最後までスープを飲みたいと思います。