天丼 てんや  天ぷらは特注の植物油でコレステロール0・ビタミンE含み・軽い風味のサクサク感に

天丼 てんや

1998年(平成元年) 1号店開店

日本には23都道府県に店舗を展開しています。

メニュー・・店内以外にも持ち帰りも行っている

      どんぶり以外にもうどん・そば・盛り合わせなどもあります

 

 てんやのこだわり

(公式ホームページ参照 天丼てんや  

天ぷら粉は日清製粉と共同開発しています

オートフライヤーは廃油がほとんど出ない設計になってしまいます

 

てんやの油

 てんやは油にもこだわりがあります

日清oillioを特注して軽い風味とサクサク感を引き立てる健康的な植物油を使用

植物油のコレステロールはゼロ

さらに植物油には多くのビタミンEが含まれてます。

ビタミンEには脂質の過酸化を阻止し、細胞壁の機能改善に関与しています。また、血行を改善して冷え性や筋肉疲労などにも効果があります。

 

天丼は値段据え置き

並盛・・540円(733kcal)

小盛・並盛・大盛・特盛とごはんの量が違います

(下の写真は大盛)

天ぷら・・海老・イカ白身魚(キス)・かぼちゃ・いんげん

     白身魚は店舗によって赤魚の店舗もあります。

たれの量の指定・定食に変更・うどん付きのも変更できます。

 

食べてみて

 天丼のごはん大盛を注文しました。

天ぷらはサクサクしていて、甘いたれが食欲をそそります。ボリュームがありますが重くなくご飯が進みました。また、天ぷらの油っこさもあまり感じなくて食べやすいです。

f:id:blueshark20:20191002134247j:plain

 

揚げ玉

非売品でメニューにも載ってないですが「持ち帰りで揚げ玉を下さい」というと無料でもらえます。注文した時か食べてるときに頼むといいと思います。油っこくなくさくさくしているのでお勧めです。

f:id:blueshark20:20191002132527j:plain

はいからうどんご飯にかけて食べました。

あつあつのご飯に揚げ玉・めんつゆ・ゴマ油を軽くかけて食べるといいおかずになりました。

f:id:blueshark20:20191002132418j:plain

 

海外にも店舗

海外でも日本と同じ味で提供していて、海外に行った際も食べることができます。

2019.10.02現在

香港(1)・台湾(3)・タイ(13)・フィリピン(9)