マリンピア日本海 新潟市水族館 大人も参加できるイルカショー 今行けばイルカの赤ちゃんも見れます

新潟に行ったのでせっかくなので水族館を訪れることにしました。僕は水族館に結構行く方で東京から三重まで水族館のために行きました。

2019.10.06に来場

新潟市水族館マリンピア日本海

 アクセス・・新潟駅万代口からバスで20分

 営業時間・・9:00~17:00

チケットは水族館売り場では現金のみの扱いになっており、クレジットカードなどは使えないので気を付けてください。

1990年に開館し、2012年9月から10か月リニューアル工事を行い、2013年7月に再開館

展示している生物は600種3万匹飼育しており、多くの繁殖賞も受賞している水族館です。

f:id:blueshark20:20191008183416j:plain

 

展示は10ゾーン

ゾーン1・・潮風の風景

ゾーン2・・日本海大水槽

ゾーン3・・暖流の海

ゾーン4・・大河川信濃川

ゾーン5・・体験水槽・標本展示

ゾーン6・・水辺の動物 ラッコなど

ゾーン7・・ドルフィンスタジアムなど

ゾーン8・・マリンサファリ アシカやアザラシ

ゾーン9・・ペンギンの海岸 フンボルトペンギン

ゾーン10・にいがたフィールド 屋外で半自然な環境で飼育

 

 大人も参加できるイルカショー

イルカの解説の際、来場者に参加型なのですがこの日は5名のうち大人が2人参加でした。他の水族館ですと子供だけの参加なので驚きました。大人だけど参加したい人は手を挙げてみてください

f:id:blueshark20:20191008165050j:plain

 

カマイルカの赤ちゃん

 2019.07.29に104㎝で誕生して一般公開されていました。親のサイズは213.5㎝なので親のサイズの半分の大きさでの誕生になります。生まれた時点で1mあることに驚きました。マリンピア日本海でのイルカの誕生は開館以来初めてだそうです

不規則に動く上に目の前になかなかきてくれなかったので写真を撮るのが大変でした。

f:id:blueshark20:20191008164557j:plain

 

名前が面白い魚

名前が「コンペイトウ」という魚。おなかに吸盤があり、丸くてとげとげしていて金平糖のような見た目です。

f:id:blueshark20:20191008185751j:plain

 トラフザメ

なにを思ったのか5分前に見た時は見えない位置にいたのに人だかりができていてガラス前に「トラフザメ」がかわいくいました。いろんな水族館にいるサメですがこんな姿で見たのは初めてでした。f:id:blueshark20:20191007185415j:plain

 

正面からの写真

正面からの写真はなかなか撮ることができないので貴重な写真になりました。また、普段横からでしか見ない魚を正面から見るとユニークな様子に見えます。

f:id:blueshark20:20191008122725j:plain

ゴマフアザラシ

実は柵の先はトドの飼育エリアで見ていると隣の柵に行きたくてしょうがないように見えてきてかわいかったです。

f:id:blueshark20:20191008214152j:plain

 アデリーペンギン

日本全国の水族館でペンギンっといったら、必ずいるというほどどこでもいるアデリーペンギンペンギンもたまにみると自由気ままに動いていてかわいかったです。

色が違う個体は同じ種類ですが若い個体です。

f:id:blueshark20:20191008213135j:plain