ゴールドコーストの図書館紹介 メリットしかない施設がすごい

ゴールドコーストにある図書館

写真付きは行ったことのある図書館です

ブロードビーチ図書館

f:id:blueshark20:20200109183235j:plain

サウスポート図書館

f:id:blueshark20:20200111112100j:plain

 ロビーナ図書館

ネラング図書館

バーレイヘッド図書館

クーランガッタ図書館

エラノラ図書館

パームビーチ図書館

ラナウェイベイ図書館

アッパークーメラ図書館

*いずれの図書館も日曜定休日です

 

施設内容

図書館は僕にとって最大のエアコンスポットになっていました。施設内だけあって涼しいですがそれだけが利点ではなかったです。

無料WIFIが使える

図書カードを作るとWIFIにログインできてWIFIにつなぐことができます。速度が速いとは言えないですがYouTubeを画質「480」で見れるぐらいの速度はあります

パソコンが使える

Microsoft Officeへのアクセスなどもできるパソコンを使うことができます。

 印刷サービスの利用

コンビニなどにコピー機がないオーストラリアでは大変貴重です。白黒以外にカラーコピーもできてA3・A4も可能です。

 

図書カードの作り方

必要なもの

  • 本人確認書類(パスポート)
  • 住所を確認できる郵便物(無い場合はバンクステイトメント)
  • 電話番号
  • メールアドレス

受付に図書カードを作りたいことを伝えるとすぐに作れます

その際にパスワードの4桁の番号(電話番号の下4桁が多いそうです)が伝えられます

 ゴールドコース内の図書館で使えます

f:id:blueshark20:20200131121615j:plain

 館内の様子

  • 日本とそこまで変わらないつくりです
  • 貸出機が英語・日本語・中国語の他に多くの言語案内があります(多すぎて数えなかったです)
  • 飲食などには厳しくないようです
  • 椅子だけでなくソファような椅子もあります
  • 一か所だけでなく様々な場所に椅子が散りばめられているので好きな場所に座って休むことが出来ます
  • ンセントは自分の近くにあったら使えます
  • パソコンを使っている人がかなりいる印象を受けました

雑誌

  • 置いてある雑誌は図書館によって変わってきます
  • 雑誌の種類は日本とあまり変わらないと思います。ただスポーツ雑誌が日本では競技ごとに分かれていますが競技ごとの雑誌がほとんどなかったです。
  • 日本語の雑誌もありました(8種類あったのですがほとんど女性雑誌でした)

漫画

日本の漫画(英語)が置いてある図書館もあります