宮古島の絶景が見れる隠れ観光スポット(危) 三角岩とイグアナ岩

ガイドブックに載らない観光スポット

宮古島で知っている人しか行かず、観光ガイドブックに載っていない隠れ観光スポットがあります。少し前からSNSで話題になり始めて、グーグルマップには載るようになりました。僕は宮古島にいるときにオススメポイントで紹介してもらいました。

なぜガイドブックに載っていないかと言うと「危険」と「いつもきれいな海が見れるわけではないから」の二つの理由があります。どちらも同じような断崖絶壁にあり、柵などない場所になっていて、道から細い一本道を歩いて移動します。

どちらも場所は伊良部島フナウサギという展望台の近くにあり、三角点とイグアナ岩も近くにあります。この近くはシュノーケルダイビングポイントにもなっていますので上からサンゴ礁が見渡せます。

注意:天気が悪いと絶景のはずが灰色の海しか見れずにしかも風で危険がますため天気

   が良くて風が強くないときに行くようにしましょう。転落したら助かりません。

 

いずれの写真も加工はしてません。写真ではあまり感じませんが、実際に見ると高さと絶景を感じることができます。(高さが60m以上あります=20階建てのビル

 

三角点

天気も良かったということもあり、入り口近くには他の観光地のように車が停まっていました。ジャングルになっていて道の悪い一本道を進むような感じになっています。

f:id:blueshark20:20190728185353j:plain

三角点入り口



f:id:blueshark20:20190728191034j:plain

三角点の途中の道

道を抜けた先は狭く6人ほどが入ることができる場所になっています。他の観光客がいるときは譲りあって行動しましょう。写真では分かりづらいですが海抜70mの所にあります。

f:id:blueshark20:20190728185718j:plain

フナウサギ方面

f:id:blueshark20:20190728185910j:plain

下を見るとサンゴ礁が見えています



三角点の近くの道には青い「BIKE」と書かれた目印があります。毎年開かれているトライアスロンの全国大会である宮古島大会のバイクの折り返し地点になっています。

f:id:blueshark20:20190728185442j:plain

トライアスロンのバイクの折り返し地点

 

 

イグアナ岩(四角点)

横から見ると突き出た部分がイグアナの頭の形に見えるのでイグアナ岩と言われるようになったそうです。したがって先端の立つ場所はえぐれている場所になっています。こちらの方が入り口が分かりづらく、人も少ないです。

三角点とは違い、こちらに行く最大の魅力は「沈没船」が見ることが出来ることです。

2013年1月に強風で座礁した小型タンカー(99トン)がサンゴ礁の浅瀬にはまっています。この船の所有者のシンガポール人とは連絡が取れなくなっているそうで船の撤去の見通しは立っていないそうです。月日が経ってしまい、今では知る人が知るダイビングスポットとして有名になっているそうです。

グーグルマップに載っていないと絶対に入り口が分からないぐらい狭く半信半疑でネットに載っていた「ハート」の入り口の目印を探しました。狭い道を過ぎるとぬけた先にイグアナ岩の先端が見えます。

f:id:blueshark20:20190728191518j:plain

イグアナ岩の入り口 歩道の縁石にハートマークがあります

三角点と異なり足元はごつごつしていて手をつくだけで怪我をしそうになります。三角点と行った日が違いこの日は天気が微妙でした。沈没船も思ったより大きく見えました。

 

 

f:id:blueshark20:20190728192504j:plain

風が強かったが奥までサンゴ礁が見えました

f:id:blueshark20:20190728192154j:plain

三角点方面

f:id:blueshark20:20190728191851j:plain

沈没船がサンゴ礁の中にあるのが分かる

まとめ

天気が良ければ加工なしでもきれいな写真が撮れます。行った時間や太陽の位置で海の見え方はだいぶ変わるそうです。絶景は行った人しか感じることができないので機会があったら行ってみてください。

どちらもグーグルマップに載っているのでグーグルマップを頼りに行くといいと思います。危険が伴いますので雨が降っているときは諦めて行かないようにしましょう。また危険な行動をとって落ちたりすると立ち入り禁止になるかもしれないのであくまでも安全に楽しみましょう。