格安ANAの早朝フライト ギャラクシーフライトに乗ってみて(那覇⇒羽田)

*2019年度の様子です。飛行機や空港の用語に詳しくないのでご了承ください。

ANAのギャラクシーフライトとは?

ANAでは夏限定で沖縄(那覇)と東京(羽田)間で深夜・早朝便を運航しています。

2019年は7月12日~8月31日に運航

羽田⇒那覇 22:55発⇒25:35着

那覇⇒羽田 03:35発⇒05:55着

ANA SUPER VALUE75~28の間は8000円台で乗ることが出来る

公式ホームページ

東京(羽田)⇔沖縄(那覇)線の深夜・早朝便「ギャラクシーフライト」が始動!|ご旅行の準備[国内線]|ANA

 

那覇⇒羽田の便

深夜運航ということもあり格安航空券より安く帰ることが出来たのでギャラクシーフライトを使うことにしました。

f:id:blueshark20:20190718164142j:plain

ギャラクシーフライトのチケット

 

 実際に乗ってみるまでの流れ

14:00 那覇空港事前にチケットの発行をしようと思っていたら次の日なので無理ですと断られました。那覇空港内のコインロッカーに預けて那覇市内に時間までふらふらしていました。時間がありすぎたので首里城にも行ってきました。

 

23:30 那覇空港にコインロッカーに入れた荷物を取りに帰ってきました

24:00 那覇空港は一度閉めるらしく外に追い出されました

01:00 那覇空港が開き中へ入りました

   外で1時間待ちました。ベンチも少ないため多くの人が地べたに座って待ってい 

   ました

01:15 2:40に出発するスカイマークのカウンターがスタート

01:35 羽田⇒那覇のギャラクシーフライトが到着

    到着ロビーの外にはタクシーがたくさん停まっていました

02:00 ANA国際線受付カウンターで荷物の預かり・チケットの発行が開始

    警備の関係上かもしれませんが国内線のカウンターは開かず、スカイマーク

    カウンターがある隣の国際線のカウンターで受付

    スカイマークと共有している保安検査場もこの時間にスタート

    します。

f:id:blueshark20:20190718163224j:plain

保安検査場も変わっているらしい

  保安検査場を過ぎるとベンチも多くゆったりと座ることが出来ます

f:id:blueshark20:20190718162356j:plain

保安検査場の中ギャラクシーフライトに乗る人しかいなくがらがら

03:10 搭乗開始 優先搭乗からいつも通り始まる

03:30 搭乗が終了し扉が閉まり避難経路など説明が始まる

f:id:blueshark20:20190718162629j:plain

謎の歌舞伎でのモニター説明

 03:40 飛行機が動き始める 飲み物提供もいつも通りありました

f:id:blueshark20:20190718164904j:plain

膝掛けを使うと膝が前の席に当たっても痛くならず寝やすいです

05:55 予定通り羽田空港に到着 残念ながら雨でした。

 

 

 ギャラクシーフライトに乗った感想

 ・8000円ぐらいで那覇⇔羽田が乗れるのはお得

・他の便がないためカウンターや保安検査場が混まない

・モノレールの最終便が24:00前で終わってしまうので2時までどのように過ごすかが大

 変

・待っている途中におなかが空いてしまった

羽田空港に着くとモノレールは動いているのですぐ移動できた

 

ギャラクシーフライトに乗る準備

チケットの発行は2時からしかできない

カウンターが動き始める2時までどのように過ごすか考えておいたほうが良い国際通

 りには24時間営業や遅い時間まで営業しているお店があるのでそこで過ごしてタク

 シーで空港まで行くのも手

・自販機はあるので飲み物は買うことが出来るが売店がやっていないためお土産や食べ

 物は事前に購入

スキップサービスというサービスで委託荷物がない人は直接保安検査場に行く手もあ

 るがわからない人はいつも通りカウンターに行ったほうがいいです

日の出が見たい人は事前に進行方向右側の席を取っておく

 (ANAの予約確認から席選択が出来ます)

 

 

 

レンタカー