沖縄の珍野菜 ドラゴンフルーツの蕾

ドラゴンフルーツといえば鮮やかなピンク色に変わった形のトロピカルフルーツとして有名ですが、宮古島の市場でドラゴンフルーツの蕾を見つけました。いつも売っているわけではないそうで、別の日に行ったら売ってなかったです。4個で300円で安いか高いかはわかりませんが、1個は比較的一つずつが大きめです。

見た目はドラゴンのうろこやアスパラの上の部分のような感じです。ガクみたいなもので周りをおおわれていて少し硬めです。

f:id:blueshark20:20190614204810j:plain

アスパラやドラゴンのうろこのような見た目

 調理する

今回は量が少なかったですが天ぷらと茹でてサラダのようにして食べました。ホームページを見ると半分に切ったりガクを取ったり少し違う食べ方もあるので詳しい調理方法はそちらを参考にしてください。

f:id:blueshark20:20190614204519j:plain

真ん中はめしべのようなものも

 

天ぷら編

1・下を切り落として四分の一のサイズにする

2・180℃の油で揚げる

3・醤油につけて食べる(塩をふって食べるのがおすすめだそうです)

f:id:blueshark20:20190614215252j:plain

2個分の量です

 全体的に柔らかくなりホクホクしたような感じになります。苦みや粘りはなかったです。醤油で食べましたが塩でも合う味だと思います。

 

サラダ編

f:id:blueshark20:20190614205013j:plain

写真を撮るのを忘れて半分に

下の硬い所を切り、ゆでて食べてみました。どのくらいゆでてよいかわからず箸が通るぐらいまでゆでたら箸でくずれるぐらい柔らかくなりました。(多分ゆですぎです) ゆでると緑色の色素が少し抜けて茶色っぽくなります。

食べるとオクラのようにねばねばしていて全体的に柔らかくなっていましたが少し苦みを感じました。味がないので醤油とからめて食べました。人によっては好みが合わないかもしれません。

 

まとめ

ドラゴンフルーツの蕾は聞いたこともなかったのでおいしいのか疑っていましたがどちらの調理方法もおいしかったです。どちらもご飯がとても進みおかずになります。もう一度作るとしたら天ぷらの方がおいしかったです。味がないので調味料を工夫するとまた違った感じになると思います。

僕はまだ一度もドラゴンフルーツの実を食べたことやジュースを飲んだことがないので機会があれば試してみたいです。

 

レンタカー

 

最後にドラゴンフルーツについて調べたことを載せました(僕は変な形の南国フルーツとしか知らなかったので)

ドラゴンフルーツとは

サボテン科 メキシコや中南米原産で暖かい地域で幅広く育てられています。日本でも沖縄や九州で栽培されています。

実は栄養が豊富でビタミン・ミネラル・食物繊維などが多く含まれています。色は白や赤など品種によりさまざまな色があります。輸入品は未熟で輸送され追熟しないため輸入品は糖度がほとんどなく、甘くないです。現地でとれたものほうが糖度が高いそうです。(甘みは少ない)