パッションフルーツをいろいろな方法で食べた 11個500円で買った

パッションフルーツ宮古島の市場で11個で500円で売っていたので買いましたが同じ食べ方はつまらないと思い定番の食べ方以外に冷凍追熟させる食べ方をしました。調べてみるとほかにも種をこしてゼリーやシロップにする方法がありました。

パッションフルーツの特徴

卵ほどの大きさで円形~楕円形の形をしています。

南国を中心に収穫されています。沖縄鹿児島以外のも小笠原千葉岐阜でも収穫されています。

一般的に食べられているあずき色以外にも黄色の種類もあります。

5月~8月が旬の果物です。

種がありますが気にせず食べることが出来ます。

 

食べ方 買ってきてすぐに食べる

パッションフルーツ酸味を感じたい方は買ってきてすぐに食べれるのがおすすめ

定番の食べ方で多くの人がこの方法で食べていると思います。

(自分はいつもこの食べ方をしていました。)

 

f:id:blueshark20:20190529002034j:plain

f:id:blueshark20:20190529002109j:plain

買ってきた状態

食べ方 冷凍して食べる 

冷凍すると甘みが感じづらくなり酸味が強いです。スプーンですくうと一気に半分取れてシャーベットみたいになります。種ごとに分かれるため粒々を感じながら食べることが出来ます。

 f:id:blueshark20:20190529001555j:plain

食べ方 追熟して食べる

 追熟するときは常温で保存してしわが出来るまで追熟させます。冷蔵庫やビニールの袋に入れて保存すると追熟が進みません。どのタイミングがおいしくて食べごろなのかの判断が難しいので数に余裕があるときにおすすめ。半分に切ると果皮の水分が減っているのを感じました。

酸味が抜けてきて甘みが強くなりますが、食べるとパッションフルーツの味は残るのですぐわかります。少し中の水分も減っている印象です。

f:id:blueshark20:20190529001733j:plain

f:id:blueshark20:20190529001822j:plain

追熟したパッションフルーツ

 

ほかの食べ方

僕は試しませんでしたがゼリーにしたり、シロップにするなどの食べ方もあります。

*100℃を超えてしまうと香りが消えてしまうそうなので注意してください

機会があればほかの食べ方も試してみたいです

 

レンタカー